二の字キッチンのメリットとデメリットは?

二の字キッチンのメリットとデメリットは?
一言でキッチンと言っても色々なタイプがあります。シンプルな壁付けキッチン、広々としたアイランドキッチン、壁に片方が密着したペニンシュラキッチン。そして今回紹介するのは二の字キッチンです。II型キッチンとも呼ばれます。アイランドキッチンと同様にオープンキッチンです。広いスペースをとり動きやすいのが大きな特徴でしょう。反面、そのスペースゆえにキッチンに割くスペースが広くなってしまい狭い家には設置が厳しい面もあります。

この記事ではそんな二の字キッチンのメリット・デメリットを紹介していきます。

二の字キッチンとは?

二の字キッチンのメリットとデメリットは?
二の字キッチンとは、大まかにいうと二本の調理台が平行に並んでいるシステムキッチンのことをいいます。上から見ると漢字の「二」に見えます。だから二の字キッチンといいます。既に述べましたがII型キッチンとも呼ばれます。これもレイアウトの形から来ています。

二の字キッチンは、アイランドキッチンが二つあるとイメージしてください。アイランドキッチンは壁から独立した調理台にコンロをシンクを設置しています。壁から離れているので、動線が短くなり作業効率も良くなります。二の字キッチンはそれぞれの調理台にコンロとシンクがわかれて取り付けられています。調理スペースが二台もあるわけですから、かなり贅沢な構成と言えるでしょう。

オープンキッチンの一種ですが、必ずしもアイランドキッチンのように部屋の真ん中に設置するとは限りません。例えば、壁の両側に設置する場合もあります。また、片方を独立させ、もう片方をI型キッチンのように壁に付けるレイアウトもあります。調理台が二つあるので、レイアウトの自由度も高いキッチンとされます。

二の字キッチンのメリット!

二の字キッチンのメリットとデメリットは?
二の字キッチンのメリットは大まかにいうと、その豊富なスペースからくる作業効率の良さと、調理台が二つあることからくる収納力の高さです。以下、個別に紹介していきます。


動線が短く作業効率が良い

二の字キッチンは二つの調理台から構成されています。片方にはコンロ、もう片方にはシンクがあるタイプが一般的です。これが短い動線、作業効率の良さを生み出します。

ちなみに動線とは、部屋の中を人が動くであろう経路を線で表したものです。短ければ短いほど動かなくていいので効率よく作業ができます。

二の字キッチンの場合、二つの調理台の真ん中に人が立ちます。すると、シンクからの調理台へ、振り向いてコンロへ、とか、茹でた食材の水を切るのに一歩も動かずに振り向いてシンクへ、といった動きも可能です。一方、I型キッチンの場合には横に動かなければなりません。そして、自分以外に調理する人がいると、その人をよける必要も出てしまい、あまり効率的ではないでしょう。

この点、二の字キッチンですと、並んで調理していてもそれぞれ振り向くだけですので他者の行動の干渉になりません。つまり、人数が増えても効率的に調理することができ、より一層、調理に費やす時間節約にもつながります。


広い作業スペース

二の字キッチンは作業スペースを広く取ることもできます。作業スペースが広いということは、場所を空けるために食材をしまったり、置くところを変えたりすることなく、調理をすすめることができるということ。これは効率的な作業にもつながります。


収納力に優れる

二の字キッチンは調理台が二つあります。と、いうことは、調理台の下の収納スペースも二つあるということです。通常、調理台の下には大きめの収納があります。これが二つあるので、他のタイプのキッチンと比べて大きなアドバンテージと言えるでしょう。

これに加えて、二の字キッチンは調理台を壁に面して設置できます。壁に面して設置すると、壁の上部に上棚を設置することが可能になり、ますます収納力があがります。かなりの量を収納できるので、食器などをしまうサイドボードが不要になるでしょう。キッチン全体の印象もスッキリします。

二の字キッチンのデメリット

二の字キッチンにはデメリットもあります。調理台が広い分、キッチンの中が狭くなるといったメリットの裏側がそのままデメリットになるケースも多いようです。


床が汚れやすい

二の字キッチンは動線が短いです。あまり動かないで調理できます。と、いうことは、一か所で集中的に調理を行っているということです。これはすなわち、汚れもそこに集中してしまうことを意味します。さらに、シンクとコンロが極めて近い場所にあるということは、油と水が飛び散り、汚れも集中するということ。二の字キッチンの場合には、シンクとコンロの間の通路の床の汚れが目立つケースが多いと言われます。

ただし、その場所が汚れやすいとわかっているので、こまめな掃除を心がけましょう。また、キッチンフロアシートを敷くなどの予防策を施すこともおすすめです。汚れが集中するので、かえって掃除や対策がしやすいという声も聞かれます。


場所をとる

二の字キッチンは調理台が二つあるわけですから、当然、場所をとります。オープンキッチンはただでさえ広いスペースを必要とします。これが二つもあるので場所をとると覚悟して導入を検討してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。広いスペース、複数人で調理する際の使い勝手の良さ、ゆったりとした収納。リフォームの選択肢として二の字キッチンを取り入れてみてはいかがでしょうか。

施工事例