木のぬくもりは自分のぬくもり!?

木のぬくもりは自分のぬくもり!?
無垢床材など木に触れるとほっこりとぬくもりを感じます。

人は一定の割合で体から熱を逃がしています。逃げる量が大きいと寒い・冷たい、少ないと暖かい・温かいと感じます。

木は熱伝導率が低い物質で高性能な断熱材ともいえます。
触っても熱が奪われることがなく、自分の体温を感じて「あたたかい…」とぬくもりに感じるのです。

また、木は太陽光の中の赤外線を吸収・再放射しているので、触っても瞬間的にヒヤリとすることがなくほんのりとした「あたたかみ」を感じるものです。

もちろん「1/f ゆらぎ」の効果や、森林や自然を連想させるイメージ、時にはその「郷愁」や「懐かしさ」を感じさせるデザインなど、心理的な影響も大きいといわれます。

天然の素材ゆえに、反り・割れ・ヒビカビなど扱いにくい部分もあります。雨が続けば湿気を吸って「さらっ」とした肌触りに。

とくに海に囲まれた日本の夏は、湿度が高くよりカビ天国ともいわれ、部屋のなかのカビから、カビをエサにするダニの大量繁殖、そしてダニの抜け殻・フン・死殻がハウスダストになり、お子さまや在宅時間の長い奥様などのアレルギー問題など体を蝕み悪循環へと繋がっていくのです。


手に入れたマイホームが埃まみれの不健康住宅になるなんて…


安心して過ごせるはずの我が家が、毎日の生活を脅かす空間にならない為にも、木の調湿などを活かした「おいしい空気」と過ごせる空間をオススメしています。


朝霧ショールームでは、3種類の無垢床材を活用してみました。

  1. 北海道産のミズナラ(蜜蠟仕上)
  2. 北海道産のミズナラ(春風ミルク塗装)
  3. 独特の木目を楽しむウォールナット(胡桃)
  4. 踏み心地が柔らかいロッジポールパイン


ぜひ、ショールームでご体感してみませんか?
コストの話やたくさんの施工事例から
お好みの床材をご提案いたします。

WORKS MORE